タバコとかキャンディとか
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DIVA
 チャリティーソング“Just Stand Up”を久々に聞いて(というか見て)

歌手という職業の不思議さを思う。

Beyonce,Mary J. Blige,Fargie,Rihanna.......

DIVA大集合のステージは、個性を出しながらなんとなく調和。

そこに、ふと、違和感。


これを発見した3年前から大好きになりました。

所在なく立ち、フェイク合戦の後半はフリーズ気味の笑顔こわばるマライアキャリー。


如才なく踊り、その場をこなすBeyonce達とは対照的に

「こういう時どう立ち振るまうかあんまりわからない」

その感じにぐぐぐときてしまった。

でyou tubeサーフで見つけた2006のグラミーライブ。

このひと、ただただ歌しかないんだなと感じる。

色々うまくはやれないんだろうけど、歌だけがあるんだろうなと

そう思いながら見ると4:00あたりで涙すらぶわっと。

歌は、うまきゃいいってもんではなく

生きざまそのものなんです、感じるやつ。よく聞くやつ。

マドンナははっきりいって女性アーティストで一番好きだけど

その在り方と対極。涙はでないもん。

モエDIVAとトモカDIVAの歌もきっと

作り込んだって色々漏れてしまうだろう。

それでいいんだ。それがいい。

自粛と過剰のゆくえ

 あんな天災が起きて

まだ揺れも継続していて

普通の状態ではない。

今だから感じられることや気づく事もたくさんある。

事象に対しての距離もそれぞれ。

ストレスも皆にかかっている。



こんなときほど

冷静な情熱が恋しい。


おえー
 忙しい、と言葉で外に発してる人を

ほとんど馬鹿じゃないかと思ってましたけど。

忙しい。

起きて、今日のミッションを考えるだけでおえーとなる。

①片付けなくてはならないこと
②できればやってしまいたいこと
③心に余裕ができたらゆっくりやりたいこと

①だけの日々が何十日も続いている。

働くオンナとしては

③のなかにネイルとか、まつげ増量とか、ヘアケアとか、私に特別似合う服の調達とか

そういった類いが含まれていて

③ができないことにストレス、いや仕事の弊害すら感じて

ああこれは、もはや今の時代③ではなくて②なのか、①ですらあるのかと。

そう思うこの頃です。

殿方にも色々ご事情ありましょうが、お願い。

優しくしてください。

それだけできっとオンナは落ち着きます。ふう。




turn out
初対面の人に自分を紹介するとき

いままでやいまの自分を簡単に説明するときに、気づくことっていっぱいある。

モエと同じようなタイミングでキャニオンの村多さんに出会って

それまではただの夢だった「歌手になる」ってことが具体的になりかけたあの頃。


あたしはビビってたんだ。


あれから長い月日がたって、いまやっとわかった。

いまはビビってない。

現実になったし、生活と結びついた。

表現することでつく傷も生活の一部となった。

やっとだやっと。

M・A・C!マック!MAC!
 あたしとモエの、はずせない三つのマック。

二人でモエの部屋にこもって、ポテト齧りながらレコーディングした夏

あの部屋にもこの三つのマックがあった。

シンディローパーとレディガガがHIVキャンペーンで発売している

リップを買いながら、あの夏を思う。


あの時の音の一部が、今出してる曲達にも納められている。

今のあたしたちも早く納めなくちゃ。


三つめのマックはアップルです。

あたしは、広告音楽をつくったりしてますけど

くそみたいな状況のとき、このCMをいつも思い出します。

こんな仕事に携わりたいんだわたしは、って思った原点。

Think different.













うん
タモリと徹子って(あえて敬称略で)なんていうか鉄板。

軸、ともいうのかも。



ふたりの、存在に音楽が流れているところが好きだ。

映画監督でも、パン屋でも、床屋でも

「ああ、この人には音楽が流れている」と思う人が私は好き、というか信頼してる。

それは何か楽器ができるできない、とは違う。

映画監督にも、パン屋にも、床屋にも、音楽じゃないひともたくさんいる。

その違い、まだうまく言葉にできないんだけど。

確実に違っていて。



そして

いくら音楽を生業にしていても、音楽が流れていない人っている。

実際身の回りにもたくさんいる。

そうなってないか?って、たぶん大丈夫だとは思うんだけど

すごく、こわくなるときがある。

したり顔で業界人ばかりのパーテイーみたいなのに出ると

なんか、ものすごくそういう恐怖がおそう。










しぇけな!
 なぜか最近、5年前を思い出すことが多い。

思考回路や嗜好はほとんど変わってないのに、変わってるものの多さに驚く。

環境が違うのは大きいとしても、その時その時

「これは絶対変わらないだろうなー」と密かに確信してたものまで

あっさり崩壊してる!

ということはだ、絶対、とかやっぱりなくてむしろ今

「あー、これ絶対ないわ」って思ってるものの中に色んな可能性がある

というわけね。発表するまでもないことだけど備忘録として。

あ、今年の桜は儚かった。ちっちゃくて。

あ、さっきパン屋で内田裕也さまに会った。かっくいい!





FLOWER
 花ってものすごくセクシャルで好きです。

だってむき出しだよ?生殖器。

フラワーアーティストの東さんの作品は、すごく音楽だと思う。

いつかご一緒したいんだけど。

たばこ増税
 色々意見あるんだと思うけど

わたしも基本この人とおなじ。

嗜好品だもん、選ぶのは自分だもーん。


愛煙家の桜井代表幹事も「たばこ増税容認」 経済同友会

11月4日15時13分配信 産経新聞

 愛煙家で知られる桜井正光経済同友会代表幹事は4日の定例会見で、政府が検討しているたばこ税率の引き上げについて、「どうしても個人的な発想になるが、ぼくは抵抗感がない。自分のたばこに対する考えと、家計的なことを考えるとチョイスがあるから。個人的にはいかようにもという考え」と述べ、容認する考えを示した。


 そのうえで、増税後に禁煙するかについて「やめないね」と明言。「(禁煙しないで済むような値段という意味で)1箱1万円にしてほしくない。税制は国際比較が大事で、欧米ではは700円、850円だったりするので、600〜700円はいい線ではないでしょうか」と述べた。

しみじみ
 ジムに行ったら、ロッカールームがプチ騒ぎに。

???と思ってると「GOKIがでたのよお!」おばさまが教えてくれた。

ひい。

「でもね、○○さんがしとめたのよ!」

はあ。
あ、でも、ほっ。

そして従業員の方に苦情を言う係&それをフォローする係&周りの人に説明係と

皆がそれぞれの役割をあざやかに果たし、すっきりした模様。

おんなってすげぇ。。。。。。