タバコとかキャンディとか
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

世直しちゃん
 タクシーのおじさまたちに物申したい。

<パターンその1>

「あ、246でいいの?」「そこ右でいいのかな?」
こちら○ソミソに脳ミソ使って疲労中だったりすると、カチンどころじゃない。
物申す気力もでない。

<パターンその2>

「はいっ、わかりやした!んじゃ近道しちゃうよっ」ここまではいい。
「あそこはねえ、こう行くと早いんだ。これ普通はなかなか知らない行き方でね」
こうくると単におしゃべりしたい、スナックパターンの予兆です。
自分の話を聞いてもらって「わあ、すご〜い」と言ってほしいだけ。
これ、むしろお金ください。


めんどくさくてやりすごすことが増えてたけど、だめだ。多過ぎる。
ひどいときは後味悪くても言っていくことにする。
働く女子の被害削減。
世直しじゃ。


 


マイク
 がぶっこわれる。

今日中にデータ送らなきゃいけない歌の仕事とタバコのデモどうすんの。

そしてまともなマイクが一本しかないことに気づいてしばし呆然。。

マークのバックとか買ってる場合じゃなかったんだ私。

マークよりマイクなんだ。

とりあえずやるしかないのでクソマイクでしのいだけど、いくつか買うことに決定。

しかしマイクってほんとに試さないとわからない。

名器って言われてても自分の声に合わないと全くのゴミだし、買ってみるしかない。

マークで思い出したけどうちにもうひとつマイクあった、マイク・ミルズの絵。












溢れるもの
 あー、今年も完全にやってきた。はー。

とめどなく溢れる日々の始まり。

ここから一ヶ月はもうしょうがない。

ビジュアル的にも50%offになってるし

薬でダウナーだし

恋とか確実に始まらない季節。

とか思いきや。

とか、ないかな。




DA・BO・KU!!
 銀座にて酔っぱらいにひっかけられて自転車転倒。

左足打撲〜。

相手は話題にすらしたくない最低な奴だったので忘れるとして

何が最低だったって、警察のおっさんたち。

杓子定規にもほどがあるだろ、という対応であきれるほどの役立たず。

正しかったのはこの一言だけ。

「事故直後は興奮してて痛くないけど、後で来るよ」

いやーほんとだ痛い。

足が1.5倍の大きさになってて歩けないよ〜。

数日ひきこもりたいと思います。
ま、ようはムカついたって話なんだけど
 趣味柄、仕事柄、ものを作る人との出会いは多いわけなんですが。
なんちゃってクリエイターの多さに驚く。
というか、クリエイターって呼び名はなんであんなにうさんくさいんだろう。

今の時代、なんかつくりました→発表します
はそんなに特殊な作業ではないし
お前何様か、って人があまりにも多い。

うわっ!ってものを残してる人でそういう人は知らない。
ふーんっていうかんじの場合に、人の気持ちをナメてるひとが多い。
まあもの作りに限らず、鈍感ということなんだろう。
ただ、もの作りを盾にされると非常にはらただしいんですよね。
身を削って戦ってるひとはすぐわかるし
人間関係と創作を根本では直結させてないから
べたべたしてなくて、すがすがしい。
(あ、傷だらけで表紙を飾るのは違う!デリケートを売り物にするなよ。)

自戒も含め、書いてみました。




ゲリラ雨
 あのさあ、、、

今日すっごく髪型うまくいってて

メイクも普段使わないパールの仕上げとかしたんだよね。

で靴はパープルのヌバックのヒールだったのね

お見通しなんだよね、分かってるんだよね、そのへんのこと。

皇居周辺に着いたとたんスコールスタートで、傘なしなんだよね。

雨宿りできるのは樹木だけね。

あたしトトロとかナウシカじゃなくて、そういった類に相性悪く暮らしてる女なわけね。

困ったらタクシー

これができないとなるともうお手上げ、みたいなこと実感するのも腹ただしい。

あーもう全部朝イチからもといにしてほしい、今日はあたくし商店みせじまい。

もう寝る!